事業内容

廃酸処理設備

この製品に関するお問い合せ

プロセス概要

従来の焙焼法に替わる新しい湿式の塩酸回収プロセス

鉄鋼酸洗工程から排出される塩化鉄水溶液から、塩酸と酸化鉄を回収するプロセスです。従来は、スプレー焙焼法(ルスナー法)、流動焙焼法(ルルギ法)などの燃焼ガスによる熱分解法が利用されていましたが、弊社のプロセスは、反応をすべて液相で行います。また、本プロセスを応用して、フッ化鉄からのフッ酸回収も可能です。

特徴

  • 排ガスが出ないのでNOx、HCl、ダストなどの排ガス処理が不要
  • 運転開始、停止が容易
  • フレキシブルな運転が可能(ターンダウン比 10%程度まで)
  • 熱源にスチームを使用するため、燃料が不要
  • 従来の方法と比較して、省エネルギー
  • 回収塩酸は共沸組成濃度以上でも可能
  • 設置面積が小さい

適用例

  • 鉄鋼酸洗廃液の処理、エッチング廃液の処理

実施例

処理対象物 鉄鋼酸洗廃液
処理量 220kg/h
運転時間 24時間連続(バッチ連続)
処理方式 湿式法
回収塩酸濃度 20wt%
回収塩酸量 250kg/h
回収酸化鉄量 40kg/h
設置面積 20m×10m

装置フロー

プロセスの比較表

  熱分解法
(PYROLYSIS)
湿式
(WET/HYDROTHERMAL)
スプレー焙焼法
(ルスナー法)
流動層法
(ルルギ法)
湿式法
(第一エンジ法)
形式 特徴 所定温度に維持された、炉内に廃酸を噴霧し熱風と直接接触させることにより熱分解し、発生した塩酸を吸収して回収する 流動層内に直接燃料と空気を吹き込み層内燃焼させ、そこに廃酸を供給し熱分解し、発生した塩酸を吸収して回収する 廃酸を酸化後、加水分解
加熱方法 燃料を使用してバーナで熱風を発生させる 燃料を使用して層内燃焼 蒸気を使用して熱交換器で間接加熱(廃熱利用可能)
温度 1,800℃(バーナ)
350~400℃(炉出口)
800~900℃(流動層内) 加水分解器175℃(最高温度)
回収物 酸化鉄 粒径:50μm程度
かさ密度:0.5 ton/m³
比表面積:3m²/g
塩素含有量:< 0.5%
粒径:1,500μm程度
かさ密度:3.5 ton/m³
比表面積:≪ 1m²/g
塩素含有量:< 0.01%
粒径:20~30μm程度
かさ密度:2~2.5 ton/m³
比表面積:40m²/g
塩素含有量:< 0.15%
塩酸 HCl:18~20%(通常18%)
熱分解法は吸収設備を使用しているので共沸組成以下で回収
HCl:18~20%(通常18%)
熱分解法は吸収設備を使用しているので共沸組成以下で回収
HCl:18~35%(通常18%)
反応を利用しているため、共沸組成以上で塩酸を回収可能
排ガス 排出温度 80 80
NOx 100ppm程度 20ppm程度 0
HCl 10mg/m³(NTP) 10mg/m³(NTP) 0
Cl2 3mg/m³(NTP) 3mg/m³(NTP) 0
Dust 0
排水 スクラバ排水 スクラバ排水 ケーク洗浄排水
操業 負荷調整比 70% - 110% 70% - 110% 10% - 110%
運転開始
/停止
煩雑
終了時のパージが必要
煩雑
終了時のパージが必要
容易
短時間で可能
法規 危険物取扱 危険物取扱 圧力容器
参考フロー図

酸化鉄

  • 乾燥前酸化鉄
    回収酸化鉄
  • 回収酸化鉄
    SEM ×2000倍 酸化鉄

SEM ×500倍 酸化鉄

SEM ×2000倍 酸化鉄

酸化鉄拡大写真
  • キルンストーカ炉1
  • キルンストーカ炉2
カタログはこちら

カタログダウンロードページより必要なファイルをダウンロードしてください。

お問い合わせはこちら
  • 電話:03-6370-8500
  • FAX:03-6370-8501
  • お問合わせフォーム

このページの先頭へ