事業内容

廃液濃縮装置(多重効用缶)

この製品に関するお問い合せ

プロセス概要

コンパクトな構造の多重効用蒸発濃縮装置

水蒸気などの熱源を利用して、廃液/廃水を高効率で濃縮する装置であり、低濃度廃液/廃水を減容化できます。通常の蒸発濃縮装置では、蒸発する水と同等以上の水蒸気が必要ですが、蒸発缶を多重効用缶とすることで、蒸気消費量を1/3以下にすることもできます。また、蒸気再圧縮ブロワを利用することも可能です。

弊社では、廃液の組成・物性を検討し、最も適した濃縮プロセスを提案します。

廃液濃縮装置(多重効用缶)

特徴

  • コンパクトな構造で設置面積が小さく低コスト
  • エゼクタ、蒸気ブロワ/コンプレッサを使用した省エネルギータイプも可能
  • 乾燥機を組み合わせた濃縮・固化プロセスも可能
廃液濃縮装置

適用例

  • AN製造廃液の濃縮
  • 塩化アルミニウム水溶液の濃縮
  • 管理型処理設備浸出水の濃縮
  • フォトレジスト廃液の濃縮

装置フロー

  • 単一蒸発缶
    単一蒸発缶

    拡大する

  • 単一蒸発缶+蒸気コンプレッサ
    単一蒸発缶+蒸気コンプレッサー

    発生した蒸気を圧縮して再利用します。

    拡大する

  • 三重効用缶
    三重効用缶

    単一蒸発缶に比べ、蒸気量が1/3以下になります。

    拡大する

  • 二重効用缶+蒸気コンプレッサ
    二重効用缶+蒸気コンプレッサー

    拡大する

ユーティリティ使用量

廃液10 ton/hを10倍濃縮した場合の例です。使用量は廃液の条件等により変わります。

装置 蒸気量 電力
単一蒸発缶 9ton/h 11kW
三重効用缶 3ton/h 20kW
単一蒸発缶+蒸気コンプレッサ 0ton/h 310kW
二重効用缶+蒸気コンプレッサ 0ton/h 190kW
実施例:二重効用缶+蒸気コンプレッサ フローシート例
カタログはこちら

カタログダウンロードページより必要なファイルをダウンロードしてください。

お問い合わせはこちら
  • 電話:03-6370-8500
  • FAX:03-6370-8501
  • お問合わせフォーム

このページの先頭へ