事業内容

溶剤回収

この製品に関するお問い合せ

プロセス概要

VOCを含む廃ガスの処理

VOC対策として多くのプロセスがあります。弊社の吸収-蒸留法は対象VOC成分に適した溶剤を選定し吸収液とすることにより、効率的なシステムとします。吸収法ですので、大流量、高濃度の処理に対応できます。また吸収されたVOC成分は蒸留塔で分離精製され、再利用することが可能です。この他にもVOC処理装置としては、活性炭吸着法、PSA法、触媒酸化法、酸化燃焼法、蓄熱式酸化法などがあります。弊社では、これらのプロセスに予備濃縮、蒸留回収を組み込みニーズにあった最適なプロセスを提案します。さらに、VOCを燃料としてマイクロガスタービン発電システムの提案も可能です。

吸収-蒸留法の特徴

  • 大容量、高濃度に対応
  • 排水が少ない
  • 吸収液は繰り返し利用可能
  • 活性炭で問題となるような着火トラブルがない
お客様に最も適切なVOC廃ガス処理の方法を提案します

装置フロー

  • 吸収-蒸留法のフローシート例
    吸収蒸留のフロー

    拡大する

  • 製膜工場廃VOC処理 フローシート例
    (酸化燃焼 + 溶剤回収 + 蒸留の組合せ例)
    フローシート例

    拡大する

カタログはこちら

カタログダウンロードページより必要なファイルをダウンロードしてください。

お問い合わせはこちら
  • 電話:03-6370-8500
  • FAX:03-6370-8501
  • お問合わせフォーム

このページの先頭へ